あなたはタバコと一生付き合っていきましか?このサイトでは禁煙を成功させるための様々な方法を提案します。また、知っておくと禁煙に役立つであろう情報も合わせて提供します。ついに禁煙を成功させる時が来たのです。

タバコを吸う男性
  • ホーム
  • 最終手段チャンピックス!これで禁煙できなきゃ諦めろ

最終手段チャンピックス!これで禁煙できなきゃ諦めろ

チャンピックスは成功率78.5%という禁煙補助薬で、アメリカのニューヨーク州に本社が所在している世界的な製薬メーカーのファイザーが提供している内服薬です。
タバコを吸った時にニコチンが作用する脳内の受容体を軽く刺激することにより、快楽物質のドーパミンを少量だけ放出します。
これにより、禁煙に伴う禁断症状に苦しむことなく自然にタバコから離れることが可能となります。

また、チャンピックスを服用している時には脳内の受容体は塞がれたような状態となっているので、タバコを吸ってもニコチンが作用することは出来ません。
このために、タバコを吸っても気持ちよくはならないので、喫煙する必然性自体がなくなることになります。
つまり、タバコを吸わなくても平気で居られるうえに、吸っても美味しいと感じなくなるということです。

なお、チャンピックスのこのような作用を体感するために、スタートしてから1週間の間はタバコを吸っても構わないとされています。
この期間にタバコが不要であるとしっかりと自覚することにより、成功する確率はさらに高くなります。

ちなみに、チャンピックスによる禁煙は禁断症状に苦しむことはないので、何事にも挫折しがちな意志の弱い人でも大丈夫です。
気合や根性がなくても絶対できるというぐらい簡単なので、最終手段などと呼ばれています。

ただし、長年にわたって喫煙が習慣化しているような人の場合は、何かの拍子につい魔が差してタバコに手を出すということは起こりがちです。
この様な時にはクリニックに再び足を運んでチャンピックスを処方してもらうと、最初の時よりもお金が掛かってしまうというケースが起こり得ます。

何故なら、チャンピックスを再び使用する場合は前回の治療の初回診療日から1年が経過するまでの間は自由診療になってしまうからです。
つまり、全額自己負担となってしまうのでトータルで約6万円程度かかり、保険診療の場合と比較すると3倍以上の金額が必要となります。

チャンピックスを買うなら通販で決まり!

チャンピックスは、禁煙外来を設置しているクリニックで処方してもらうのが基本で、スタートしてから12週間までは健康保険が適用されます。
このために、この期間の費用はかなり軽くなり、3割負担の場合は初診料やニコチン依存症管理料なども含めてトータルで約2万円程度で済ますことが出来ます。

ただし、失敗してしまった場合や12週間以上継続して行いたい場合には実費となるので、経済的な負担はかなり大きくなります。
この様な場合は禁煙外来で処方してもらうよりも通販を利用するのが適当です。
タバコを止めるためにチャンピックスを購入する場合は特に海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行業者がおすすめで、クリニックから実費で購入するよりもかなりリーズナブルな金額で入手することが出来ます。

ちなみに、個人輸入代行業者の中でチャンピックスを最も安い値段で提供しているものは、1mg錠を1箱(1ヶ月)8000~9000円程度です。
このために、トータルでかかる費用は2万4000~2万7000円程度ということになります。
保険診療で処方してもらうよりは高くなってしまいますが、自由診療と比較すると半額未満で済むのでスタートしてから1年が経過するまでに失敗した場合や12週間以上チャンピックスを使いたいという場合には通販を利用するのがおすすめです。

このように、チャンピックスによる禁煙は健康保険が適用される期間で上手くいかなかった場合でも対処するやり方があるので、何度でもチャレンジすることが可能です。
このために、それほど気負わなくても成功できるので、これまで禁煙に何度も挫折してきたような人でも大丈夫です。
どうしてもタバコを止められなかったという人には特におすすめで、「絶対できる」禁煙のアイテムとして推奨できます。

関連記事