あなたはタバコと一生付き合っていきましか?このサイトでは禁煙を成功させるための様々な方法を提案します。また、知っておくと禁煙に役立つであろう情報も合わせて提供します。ついに禁煙を成功させる時が来たのです。

タバコを吸う男性
  • ホーム
  • そもそも実際どうなの?禁煙の効果!体内改善!

そもそも実際どうなの?禁煙の効果!体内改善!

タバコ

タバコが体に悪影響を与えると言うことは、よく聞く話です。実際に体内ではどのように作用しているのでしょうか。
それはタバコに含まれるニコチンとタールが蓄積することで起こります。タールはヤニとも呼ばれる油状の液体でニコチンを肺に届ける役割があります。
発がん性物質を多く含んでいることから注意が必要とされています。ニコチンには中毒症状があり、繰り返し喫煙したくなり禁煙を難しくしている原因となっています。
朝目覚めてから5分以内にタバコを吸う場合はニコチン中毒となっている恐れがあります。

禁煙することで短時間でも体内に多くの改善効果が見られます。20分後には血圧が元に戻って、脈拍が改善し、肌の温度が上昇します。
8時間後には血液中の酸素濃度が上がります。48時間後には味覚や嗅覚が復活し始めます。
72時間経つと体からニコチンが消えて気管支が拡張して呼吸しやすくなります。
3週間程度で循環器の機能が改善して肺の機能が良くなり、歩行が楽になることや肌の状態が良くなるなどの効果が実感できます。

禁煙することで疾患へのリスクを低下することもできます。
禁煙してから24時間経つと心筋梗塞や狭心症になるリスクが低下し始めます。9ヶ月後には呼吸器の感染が減少します。
そして5年を経過する頃には肺がんのリスクが半分まで下がり、10年後には10分の1まで下がることになります。
このように禁煙に目覚めるための目的につながるものが多くあります。

禁煙は簡単に始めることができ、8時間程度で体内での改善効果を実感することができます。
しかしそれを継続することは強い意志が必要となります。ニコチンの強い中毒症状によって禁断症状が起こるからです。
それをどのように乗り越えるかが禁煙の大きな問題になります。
呼吸が楽になることや肌のツヤが良くなるなどの効果を感じることや、禁煙することで社会的に認められることなどを期待することで、意思を持続することが成功へのキーポイントになります。

体だけじゃない!禁煙すると社会からも認められる

社会は喫煙している人をどう見ているのでしょうか。多くは良くない印象を持っています。
例えば火災の原因になると言うことです。寝タバコや捨てたタバコの残り火からの火災など火元になるリスクがあります。
特に多いのが消したはずのタバコの火が残っていて、ゴミに引火し火災につながったと言うものです。
このように不適切な処理が火災につながるケースは少なくありません。

周辺の人への臭いや健康被害も問題となっています、飲食店などで喫煙者と一緒に食事することでタバコの臭いがして料理の美味しさが半減してしまうこと、車内に喫煙者がいることで周りの人も受動喫煙になり肺がんなどのリスクが高くなると言うことが考えられます。
特に子供への影響が強く、喘息や気管支炎の原因になると言われています。

そして喫煙の社会コストです。喫煙者に対して国が負担しているコストは約6兆円と言われています。
これは喫煙することによってかかる医療費や労働の損失を試算したもので、タバコによる収益を差し引いても5兆円ほどの損失があると言われています。

また、喫煙している人のマナーの悪さが悪い印象を与えることが多く、迷惑に思っている人が多く存在していることも事実です。
歩きタバコや吸い殻のポイ捨て、未成年の喫煙など素行の悪さにつながることも多く、喫煙することのイメージを悪化させています。

喫煙していることで印象を悪くしている恐れがあり、社会的に悪影響を与える存在として見られていることになります。
禁煙することは、これらのイメージを払拭できることとなり、社会的に認められることにつながります。
個人的な理由で行った禁煙が周りの人へのイメージを改善する効果を得ることができます。

関連記事
人気記事一覧